先日出版させて頂いたマンション管理に関する書籍についてのご紹介

みなさんこんにちは。
弁護士の小川です。

今回は僭越ですが先日出版させて頂いたマンション管理に関する書籍についてご紹介させて頂きたいと思います。

題名はズバリ「マンションにおける共同利益背反行為への対応 区分所有法57条58条59条60条の実務」(日本加除出版)。

え?題名からして眠くなりそうですか?(笑)
でも管理費の滞納や専有部分での営業行為、共用部分の利用方法などのトラブルを抱える管理組合様は決して少なくないはずです!
管理会社様のフロント担当者様やマンション管理士様なども軽く本書の内容に触れておくだけで、管理組合様から区分所有者や占有者の共同利益背反行為に関するご質問を受けた際の回答の印象がグッとアップ!してしまうかもしれません。

本書を手に取ってパラパラ見て頂けるとわかるのですが、マンション管理分野に精通した5人の弁護士が2年近くの時間を掛け、何度も会議を重ねながら執筆した労作になっています。
全部で34の事例にわたって解説しており裁判例も豊富に引用しております。ご自分のマンションでトラブルが発生した場合、それに見合った事例がヒットすることが多いはずです。
マンションにお住まいの方々、マンション管理会社の方々、その他ご自身のビジネスとしてマンション管理に携わる方々など、是非一度お手に取って頂きたい一冊となっておりますので、手前味噌ですが是非おすすめさせて頂きます。

マンション管理に関して共通言語の利用できる方々が増えますと、マンション管理の世界ももっとオープンでイノベーティブなものに変化していくのではないかと確信しております。

 

 

無料法律相談受付中

マンション・不動産管理/不動産問題のお悩みをマンション管理士の資格を持つ「実績と経験が豊富な弁護士」にご相談ください(初回30分は無料)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)

出張相談も受付中!30,000円+交通費

無料法律相談はこちら

川崎駅西口徒歩3分

主なお客様対応エリア

上記エリアを中心に全国対応

これまで特に東京都及び神奈川県の全域から多くのお問い合わせをいただいております。