滞納区分所有者に相続(特定承継人)が発生した場合の対処方法

Q. 滞納区分所有者が死亡してしまいました。子どもが何人かおり,相続人となるようです。しかし氏名や住所などは一切分かりません。どのように対処すればいいですか。

A. 滞納区分所有者が死亡すると,当該人物が滞納していた管理費等は,民法に定められた法定相続分に基づいて分割承継され,当然相続人による相続の対象になります。金銭債務は,遺産分割の対象とはされていないためです(東京高裁昭和37年4月13日決定)。

よって,管理組合としては,相続人を調査して各相続人を把握した上で,個別に相続分に基づいて滞納管理費等を請求してゆくことになります。

無料法律相談受付中

マンション・不動産管理/不動産問題のお悩みをマンション管理士の資格を持つ「実績と経験が豊富な弁護士」にご相談ください(初回30分は無料)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)

出張相談も受付中!30,000円+交通費

無料法律相談はこちら

川崎駅西口徒歩3分

主なお客様対応エリア

上記エリアを中心に全国対応

これまで特に東京都及び神奈川県の全域から多くのお問い合わせをいただいております。