Q 中古のマンションを購入しましたが、このたびの耐震診断により、耐震強度が基準の60%しかない物件だと判明しました。こんな物件にはもう住んでおられず,売買契約の解除を求めたいのですが、可能でしょうか。

A 耐震強度が基準の60%しかないということであれば、瑕疵担保責任における「隠れた瑕疵」があると考えることができます。「隠れた瑕疵」とは、買主が瑕疵を知らずまたは知りえなかった瑕疵をいいます。また、瑕疵担保責任を追及するにあたっては
1.売買の目的物に瑕疵があり、
2.その瑕疵が「隠れたるもの」であり、
3.その「瑕疵」が契約締結時に存在していたこと
の3要件が必要です。
そして、これらの要件を満たし,買主が契約の目的を達成できない場合には、 買主は売主に対して契約の解除請求ができます。その他,契約を解除せずに損害賠償請求を行うことも可能です。
なお,購入した物件の引渡しを受けた後に発生した後発的な瑕疵や,耐用年数切れのケースなどでは、瑕疵担保責任を問うことができません。

無料法律相談受付中

マンション・不動産管理/不動産問題のお悩みをマンション管理士の資格を持つ「実績と経験が豊富な弁護士」にご相談ください(初回30分は無料)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)

出張相談も受付中!30,000円+交通費

無料法律相談はこちら

川崎駅西口徒歩3分

主なお客様対応エリア

上記エリアを中心に全国対応

これまで特に東京都及び神奈川県の全域から多くのお問い合わせをいただいております。