Q 中古戸建て住宅を買う契約をし、媒介業者から重要事項説明を受け、手付金も支払いました。しかしわかりづらい説明だったし、やや細かいが重要事項説明にないことも色々と判明しました。契約を解除したいと思いますが、できますか。

A 媒介業者の重要事項説明の内容が十分理解でないまま契約したとしても、説明がわかりづらかったという理由だけで契約を解除することはできません。媒介業者の説明に不備があり、「重要」事項説明が正しく行われていない場合を除いては、手付金を放棄して解除することになると思われます。重要事項説明の際には、わからない点についてはよく媒介業者に確認することが必要です。
なお、契約の解除・取消しの方法としては,
1.法律の規定に基づいた解除
(1)クーリング・オフ制度
(2)契約違反による解除
(3)瑕疵担保責任による解除
(4)消費者契約法による契約の取消し
2.手付放棄による解除
3.協議による契約の解除(合意解除)
4.錯誤や詐欺による契約の取消し
などの手段が考えられます。

無料法律相談受付中

マンション・不動産管理/不動産問題のお悩みをマンション管理士の資格を持つ「実績と経験が豊富な弁護士」にご相談ください(初回30分は無料)

ご相談は面談のみとなります(お電話でのご相談は受け付けておりません)

出張相談も受付中!30,000円+交通費

無料法律相談はこちら

川崎駅西口徒歩3分

主なお客様対応エリア

上記エリアを中心に全国対応

これまで特に東京都及び神奈川県の全域から多くのお問い合わせをいただいております。